【2分で読める】タクシー転職に必要な知識と適正!はじめてのタクシー運転手のメリットとデメリット

年齢不問で未経験でも転職できるタクシー運転手ですが、魅力はたくさんあります。未経験でも1年目から平均年収500万円はあたりまえですし、私のように年収800万いく新米ドライバーもたくさんいます。

ですが、はじめてタクシー運転手に転職するとなると色々不安な面もあると思います。そんな方のために転職して失敗しないように私のもてるタクシー転職に対する知識や仕事についてやさしく解説します。

タクシーに転職するメリット

タクシーに転職するメリット

タクシードライバーの魅力はなんと言っても高額な給料体系です。一般のサラリーマンと違い、基礎給料の他に自分の営業利益の6割は給料に加算されますので年収800万くらい行く新米ドライバーも多いです。

2種運転免許さえ取得すれば日本全国どこでも転職する(地理試験はあります)事ができるので転職もしやすく、実は食いっぱぐれない職業のひとつなのです。副業もほとんどの場合OKですので片手間に株投資をしたりする人も多く、資産運用も可能です。

近年は女性のタクシードライバーも多く、タクシーの防犯装置(内部・外部カメラ、即通報ボタンなど)もしっかりしているので強盗対策なども充実していますので、銀行と同じくらいセキュリティはしっかりしているのです。

なんと言っても未経験、地理無知識でも働けるのがいいですね!2種免許養成が多く、免許費用も無料のところがほとんどです(1年勤務で免許費用全額無料など条件付き)

はじめてのタクシー運転手の転職に対する不安要素

はじめてのタクシー運転手の転職に対する不安要素

私も期間工からタクシー運転手に転職する時は不安だらけでした。まったくの未知の業界ですし、本当にやっていけるのか、失敗したらどうしよう。など、ずっと悩んで中々踏み込めなかったんです。実際にタクシーに入社したらそんな不安考えるだけ無駄だと言うのに気付かされました。私がタクシーになるのに悩んでいた不安要素をまとめましたので参考にしてください。

採用されるかどうかの悩み

まず一番悩んでいたのがこの採用・不採用の悩みです。私は群馬県で期間工をしていたのですが、面接は東京都の本社でした。

運転免許を取得して3年は経過していて、一応無事故無違反でしたのでアピールにはなると思っていたのですが、タクシーに対しての情熱や志望動機が一向にまとまりませんでした。

いきなり大手4社の面接でしたし、採用されても試用期間で落とされるんじゃないかと夜も眠れなかったです。

実際面接を受けてみるとそこまで悩む必要はなかったなと思っています。でもある程度緊張感が持てたのは良かったですね。

実際に採用された経験から言うとタクシーは誰でもウェルカムで健康診断さえ問題なければ誰でも受かります。試用期間と言っても座学+試験に受かるための勉強期間です。しっかり勉強して試験に合格すれば誰でも正社員になれますので安心してください。

試験も一度落ちたからと言ってクビにされる人なんていませんし、私も何度も落ちてから合格して無事にタクシー運転手の資格を貰って正社員になりました。

続けられるかどうかの不安

タクシーに採用されてから本当に続けられるのか不安がありました。ノルマとかあって、達成できなかったらクビになるのかな?とか、客とトラブルになったり、事故ったり、そもそも東京なんて修学旅行でしか行ったことないのにタクシードライバーとか無謀なんじゃ・・?と不安で不安で仕方なかったです。

これもですね、考えるだけ無駄でした。客とトラブルになる事なんて滅多にないですし、事故もほとんどありません。無事故・無違反で個タクになる人も山程います。東京の地理なんてだいたいこんな感じかな?くらいの感覚で全然OKです。ほとんどお客さんに道聞いて覚えていきますので心配ご無用。

私も東京の道を何年も走っていますが、全部の道、裏道を覚えるのなんて不可能ですよ。お客様とトラブルにならない方法は知ってる道でもお客さんに聞いていく。これが一番です。

高速の乗り口や、東京23区の主要な場所は地理試験の時にだいたい覚えれますし、経験積めば積むほどなんとなくわかっていきます。東京都市未経験でもナビもありますので安心してください。未経験でも年収800万いける新米はたくさんいます。

ちなみにノルマも適当に仕事してても達成できるレベルなので問題ありません。さすがに出庫から帰庫まで寝てたら達成できませんが笑 万が一達成できなくても少し注意されるだけです。

タクシー運転手に転職した後に辞めていく人達の特徴と悩み

 

タクシー運転手に転職した後に辞めていく人達の特徴と悩み

タクシーに転職するのは簡単だと言うのはわかったていただけたかと思いますが、入社してすぐに退職する人も多いのは事実です。その多くが「想像していたのと違う」と後悔する人もたくさんいます。逆に辞めていく人たちはどのような悩みなのか解説します。

運転するのが怖くなった

一番多いのがこれ「運転が怖い」です。最初はノリノリで勉強していくのですが、実技練習に入ると助手席にタクシー会社の教官と一緒に基礎知識を学んでいきます。

客との接客方法や、金銭の受け渡し、東京の運転の仕方を徹底的に叩き込まれるのですが、座学では非常に優しかった教官ですが、実技の教官は結構厳し目に教えてくれます。お客さんの命を預かって、安全かつ迅速に目的地までお届けしなくてはなりません。特にタクシー運転手は事故や違反には十分に気をつけないといけませんので会社もそれなりにしっかり教育していきます。

運転や接客でダメ出しを何度もされると運転そのものが嫌になってしまう研修生が多いです。研修ではなんともなかったのに、1人立ちしてから腰が引けてしまう研修生も多いですね。

タクシー運転手に適正なのは、東京じゃなくても運転歴が長い事と、絶対に稼いでやる!という意欲です。たとえば絶対に返さないといけないお金があるとか、守らなきゃいけない家族がいるとか。私のように期間工辞めたい!と思ってる人でもいいです。

生半可な気持ちでタクシー運転手をやろうとすると「元から度胸がない人」は運転するのが怖くなってしまいます。逆に「運転するのが楽しい!と思える人」だとタクシー運転手の適正はかなりあると思います。

さぼり癖のある人

どんな仕事でもそうなのですが、一度さぼってしまうと中々抜け出せなくなってしまう人がたくさんいます。タクシーは1人社長と同じなので頑張ろうが頑張らなかろうが関係ありません。

タクシー会社の車庫で永遠に遊び続けてる人もたくさんいますし、自宅やイオン等の駐車場でずっと寝ている人もいます。パチンコや競馬に夢中になってる人もいます。タクシーは全て自由です。自由ゆえにさぼりすぎてしまい、稼げなくなって自滅する人がたくさんいるのです。

一度稼げないドライバーになると、いざ稼ごうと思ってもなかなか稼げなくなってしまうものです。なぜかと言うと、今日は稼ごう!と思って頑張ると稼げるのですが、隔日勤務の13日継続して頑張ろうとする人はあまりいません。サボり癖がある人は「一昨日頑張ったから今日はサボろう」と継続して稼げなくなってしまうのです。そういうサボリドライバーは気づいたら自分から辞めてます。

タクシー転職で後悔してしまうケース

タクシー転職で後悔してしまうポイントもいくつかありますが、これを打破できればタクシー運転手は最高の職業になります。実際に後悔したケースをみてみましょう。

頑張らないと給料に差がでる

タクシー運転手の基本給は他の仕事に比べて低く、10万円程度が多いです。なので一切仕事をしないと10万円しか貰えません。頑張ってる人は手取りで50万、60万稼ぐ人もいるので、頑張らないと同じ同僚でも給料にかなり差が開きます。

これまでの仕事はさぼっていてもある程度給料は保証されていましたし、年功序列制の会社だと黙っていても昇給や昇進があったかもしれません。ですが、タクシー運転手は1人社長と同じなので頑張ったら頑張った分お金は貰えますし、頑張らなければお金は貰えません。

地域によって稼げる場所と営業スタイルも変わる

これ一番のタクシーのデメリットなのですが、日本全国でタクシー運転手が稼げると思うとまったく違います。東京23区は日本で一番稼ぎやすく、平均年収も高いです。流し運転でもすぐ手があがるので流し営業スタイルが主流ですが、地方だと待ち伏せ、駅待ち営業が主流で平均年収も倍以上差が開く事が多いです。

地域差があるのでどこでも年収800万というわけにはいかない所がタクシー運転手が稼ぎづらい職業であるという理由でもあります。

客とトラブルになる時

先程滅多にトラブルにならないと伝えましたが、万が一トラブルになった時は非常に面倒くさいです。怒られて謝って済むレベルであればいいのですが、酔っぱらいとか警察を呼ばないといけない場合とか吐かれた場合は営業する時間が減ってしまうので給料にモロ影響してしまいます。そうならない為にいろいろ勉強して事前に対処するのですが、何度も何度も営業していると稀にやっかいな客を乗せてしまう事がありますので、トラブル対処してる時はため息ついてしまいますね。

タクシー転職で成功するために重要なポイント

タクシー転職で成功するために重要なポイント

タクシー転職で成功する為に一番重要なのは「会社選び」です。これはまず間違いないポイントです。

タクシー経験者ならはっきり言ってどこでも対応できるので給料が多いところでまったりできる所を探して転職する人が多いですが初心者は勝手が違います。

まずタクシーの基礎をしっかり学んで、稼げるコツをがっつり教えてくれる会社が最適です。後は入社したら生活準備金(入社祝い金)が支給されたり、社宅や寮が充実しているのもポイントは高いですね。

おすすめはタクシー会社で有名な所を選ぶといいです。東京だと大手4社の本社かグループ、系列会社がいいと思います。大手タクシー会社だとブランドが大事ですので教育もしっかりしています。最初は厳しいかもしれませんが、これからタクシーで転職込生涯稼いでいくのであれば最初の基礎は非常に大事です。

関連記事

初心者の方でこれから東京でタクシーをやるにも タクシー会社がありすぎてどれを受ければいいのかわからない! と困ると思います。 私が特にオススメしたい会社は 大手4社本体かグループです。なぜなら、東京で一番稼げるからです。 […]

転職する際は、直接応募しても入社祝い金が貰えない事が多いので、タクシー転職紹介サイトを利用した方がいいです。万が一落ちてしまった場合でも、しっかりサポートしてくれて違う会社に面接アポ取ってくれたり、寮がなくても転職サイトの方で格安で用意してくれる事もあります。タクシー会社の社宅情報や給料体系もしっかり教えてくれるのでタクシー会社の比較も簡単にリサーチできます。

タクシー転職紹介サイトの詳細はこちら

【2分で読める】タクシー転職に必要な知識と適正!はじめてのタクシー運転手のメリットとデメリット
最新情報をチェックしよう!